誰でもできるFCRかんたんセッティング


ここではFCRを超簡単にセッティングします。
なるべくお金をかけず(ジェットを買わず)に済ませます。
やや高価で交換が面倒なニードルは1本に固定する為にベストのおよそ8~9割までしか合わせられない事をご承知ください。

セッティング基礎


青:パイロットスクリュー
緑:スロージェット(スローエアーと重複)
黄:ジェットニードル(ストレート径、テーパー、切り上がり)
赤:メインジェット

FCRのセッティングには上記の4部品を調整します。
(バルブシートやメインエアジェットは素人では効果が分かりにくい。プロ用)

ケーヒン純正メインジェット 1個¥360
ケーヒン純正スロージェット 1個¥300
ケーヒン純正ニードル 1個¥650

基本的な基礎知識として#番が上がれば穴が大きくなります。ガソリンを通すジェットなら濃くなります。空気を通すジェットなら薄くなります。

エアスクリューとパイロットスクリューの回す方向を間違えないように。

エアスクリューは空気の通り道。
戻す(開ける)と空気が沢山入ります。薄くなる。
パイロットスクリューはガソリンの通り道。
戻す(開ける)とガソリンが沢山入ります。濃くなる。

①基本設定に戻す

既に泥沼化で番手が分からなくなってる人も一度SR用データを使ってみて下さい。

MJ(メインジェット):#160
SJ(スロージェット):#55
JN(ジェットニードル):OCEMS
JNP(ニードルポジション):4段目/7(真ん中)
AS(エアスクリュー):1回転戻し
PS(パイロットスクリュー):1回転戻し
DATA by FCR39(WM)

キック(コールドスタート*)しても基本設定でエンジンがかからない人は
エアスクリューを調整してかけます。

コールドスタート(コールドキック)とは
デコンプを握ったまま5~10回ほど空キックをした後、通常の点火キックをすること。空キックをすることでシリンダー内を換気してキャブレターからのガスを点火しやすい状態へもっていきます。またエンジンオイルを循環させる意味もあるので冬場では効果的です。
全閉→半回転→1回転→1回転半→…半分ずつ回してとにかくエンジンをかけます。
ファンネルでも直管でもSR500でもまともなFCRであればまずかかるはずです。かからない時は取り付け不良(二次エア)を疑った方がいいかもしれません。
二次エアチェック(中級)
エンジンコンディショナーをマニホールドやスピゴット等、空気が漏れていると思しき箇所へ吹きかける。回転数が突然変化(だいたい激落または止まる)すれば空気を吸っている箇所を特定できます。
*キャブクリーナーやバーツクリーナーでは樹脂(プラスチック、ゴム類)を侵すので攻撃性の低いエンジンコンディショナーで(それでもちゃんと拭き取ってください)

②スロージェットとエアスクリューを決める

アイドリングを2000に固定します。
ASを1/4(90度)ずつ開け閉めして一番高回転な位置を探ります。
全閉が高回転→SJが薄すぎです#58(または#60)に交換します。
高回転が2回転戻し以上→SJが濃すぎです#52(または#50)に交換します。
これを繰り返してASが半戻し~1回転半戻しに収まるようにSJを交換します。
最後にASを少しだけ(1/8ほど)閉めてアイドル1300にして終了です。(焼き付き予防策です)

デジタコでもっとかんたん調整
デジタコを使ったセッティング音とアナログ針で10rpmを見極めろといっても無理な話でデジタルタコメーターを使うと意外にも簡単に調整できます。...

③ニードルと段数を決める

OCEMS、1本でいく。交換も段数変更もめんどくさいし触らない。

もうひと手間(中級)

N427-OCEMS

黄緑:ストレート径開け始め~1/4
黄:切り上がり(段数と重複)1/4~2/4
橙:テーパー1/4~3/4

切り上がりは段数と重複しておりクリップ段を超えてしまう時に初めて用意するものなのでM固定で十分かと。
テーパーは図でこそ1/4~3/4になっていますが4/4開度にまでわたって影響を及ぼすので注意が必要です。
中級では段数調整のみ。必要であれば冬用にストレート径R針があるぐらいでいいと思います。

④メインを決める

5速で高速道路を私有地をフルスロットルで爆走する。(おそらく160kmhぐらい)
(*以前に1速2速でと記述しましたが開度の途中でリミットに到達するのであまり意味がありませんでした。)
最高速度を記憶して#162に変えて再度最高速度チェック。
(*濃い薄いが分からない時は常に濃い方から!薄過ぎは焼き付けを起こします。)
速度が上がった→まだ薄いかも。#165、#168と頭打ちまで交換します。
速度が下がった→濃すぎです。#158、#155と頭打ち手前まで交換します。

⑤パイロットスクリューを決める

半回転戻しからエンジンブレーキをかけてアフターファイアがパンパン鳴らなくまで90度ずつ開けていきます。
2回転半以上はスクリュー脱落の危険です。
AS(エアースクリュー)を少しだけ閉めるかSJ(スロージェット)をひとつ上げる必要があります。
ベストな状態でもアフターファイアが完全に消える訳ではないのであとは乗り味とパイロットスクリューを決める2を参考に。

*パイロットスクリューを決める2。

アイドリングを1000に固定します。
PSを全閉から1/4(90度)ずつ開けていき一番高回転な位置を探ります。
最後にPSを少しだけ(1/8ほど)開けアイドル1300にして終了です。

⑥加速ポンプタイミング

アイドリング時に加速ポンプのプッシュロッドがダイヤフラムに触れてしまうとアイドリングが安定しません。また、あまり開け始めギリギリを狙ってもちょっとしたアイドリング調整で触れてしまうので注意。

もうひと手間(中級)
加速ポンプタイミングも大事ですが排出量調整も重要です。
リンクストッパーいまいち 去年導入した加速ポンプのリンクストッパーですが 試行錯誤してきましたがあくまで素人のかんかく(w)なので 緻...

⑦季節に合わせたセッティング

交換めんどくさいし触らない。スローだけエアーで調整。

もうひと手間(中級)
春&秋を標準として夏用(薄め)と冬用(濃いめ)の3種類を用意します。(例)↓
冬用 MJ:#162 SJ:#58 JNP:5段目
春秋 MJ:#160 SJ:#55 JNP:4段目
夏用 MJ:#158 SJ:#52 JNP:3段目
*替えれば必ず良くなる訳ではなく吸排気の組み合わせ次第ではMJだけ(SJだけ)変更といったセッティングもあり得ます。1年を通してデータを取り、パターンとして3つ用意しましょう。
ゆきし流のかなり簡略したセッティングなのでガチのセッティング出したい方は空燃比計を買うかお店にお願いして下さい。



(2019年2月)キースターさんからFCR用キットが発売されました。

はじめからニードルが4本入ってますので乗り比べてみるのもいいかもしれません。また、メインジェット類がケーヒン純正ではありえない番号(149や154)が入っているので微調整をしたい玄人にも使えるやもしれません。

(*KeySter様より写真のご提供ありがとうございます。許可を頂いた上で透かしを入れております。)
特に正式には非分解部分である筐体内部のパッキンが付属しております。
ヤフオク中古キャブレターのリペアにはちょうどいいかも。(たぶんグリスが一番高い)