実は4種類あったVMキャブ

VMキャブは4種類

SR用VMキャブは加速ポンプ付きのSR500用と加速ポンプ無しのSR400用に大別されるが、実は年式によってそれぞれ前期後期が存在します。

判別方法

刻印判別

判別はいたって簡単。本体に刻まれた番号を確認するだけ。

SR500加速ポンプ付きVM前期:1978年(本体刻印:2J3-A0)

SR500加速ポンプ付きVM後期:1979~1987年(本体刻印:3X4-00)

SR400加速ポンプ無しVM前期:1978~1982年(本体刻印:2H6-00)

SR400加速ポンプ無しVM後期:1983~1987年(本体刻印:2H6-01)

修理や中古車体オーバーホールの過程で本人も知らない内に交換されていることもあるので、気になる方は刻印を確認しましょう。また、刻印がない、意図的に削られてる場合は他車流用の可能性が大です。
例:刻印2J2(海外SR500用、eBayで購入?)、刻印1E6(XT500用)。

形状判別

加速ポンプについてはリンクロッドで容易に判断つくと思います。VM32SSについては若干のジェッティング変更とチョークストッパーの有無ぐらいなので然程きにする必要もないかと思いますがVM34SSについては名前は同じでも別物になるので注意です。

vm34のポート

2J3のインテークポート

VM32の2H6とそっくりです。

3X4のポート

穴の位置、数が変わっています。

2H6のポート

加速ポンプの有無で2J3と区別できますが00と01の判別ができません。

VM34のフロートチャンバー

フロートの底にあるダイアフラムが

2J3は三角オニギリ型。
3X4は四角型になっている。

フロートチャンバーとしてはどうやら互換があるようで2J3のボディに3X4のフロートチャンバーを組み合わせた所謂ニコイチがあるそうです。こういうのには手を出さない方がいいですね。

本人も知ってか知らずか3X4を「78年製SR500の初期VMキャブ」と謳って販売しているオークションをたまに見かけますので注意が必要です。

スポンサーリンク