誰でもできるチェーンかんたん軽圧入クリップ

主に初心者・学生さんに伝えたい

「軽圧入」クリップっていうくらいだから軽い力(ペンチで抑えるくらい)で簡単に出来ると思ってました。いざやってみると一般成人男性の握力ぐらいでは無理。困ってから検索するとペンチやプライヤーでガジりながら力業で強引にハメこんでる動画多数。

ぶっちゃけお金あるなら「かし丸君」買った方がいいんですよ、たぶん。でもコレ、初期セットが520等の500番台で、現行のSRについている428チェーンをカシメるには別途「オプション」が必要っていう罠ですわ。合わせると工具だけで2万円くらいになって「バイク屋でも始めんの?」て感じで今後も使うかどうかも怪しい物に大金を払うのは躊躇するんですよね。
で、貧乏学生時代からバイク触ってる身としてはやっぱり工具が無い(お金が無い)なりに色々考えて代用できる手段を模索してしまうんですね。

チェーンカッターで代用

おそらくもっとも安価なのがこちらのチェーンカッター。

圧入の話してんのにカッター出てきて何?と思われたかもしれません。これからチェーン交換する、という方にはカットも出来るのでオススメってだけで、代用できるなら「シャコ万」でも「Cクランプ」でも何でもいいんです。
*シャコ万でワチャワチャしてる動画を見たのでこちらの方がスマートなんじゃないかと

中華チェーンカッターで圧入

どうやって圧入するかというと
カッターのプッシュロッドを抜いた状態で、
抜いた穴にチェーンのコマが入るイメージで

*参考写真です。ワッシャーが分かり易いようにクリップではないコマにかけています。
こんな感じでクリップコマを押さえつけます。
(裏側も本来のロッド穴にコマを入れます)


「プレート傷予防」と「高さを出す(クリップ溝が出るまで締めこむ)」意味でワッシャーを挟みこめば完璧です。
カッターのボルト部、及び先端(ワッシャーとの摩擦を軽減)にグリスを使えば尚良しです。

一気に圧入せず、左右交互に2~3回に分けて圧入具合を確認しつつ締めこんだ方がいいと思います。


クリップ溝が見えたらペンチでクリップをハメればOK。
簡単でしょ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました