パフォーマンスダンパーとパワービームの違い

比較表

パフォーマンスダンパー() パワービーム(旧)
型式 B9F-211H0-00 3HT-211-H00-000
価格 ¥30,240円(税込) ¥30,240円(税込)
重量 520g 613g
長さ 275mm 340mm
対応年式 全年式(1978~) FI年式(2010~)
キャブ車対応 〇対応 ☓要加工
取付時間 約20分 約20分
説明書 PDF PDF
公式HP WEB WEB

直接問合せ

表だけ見ても性能の違いが分かり難かったので直接ワイズギアのSさんにメールと電話で聞いてみた。

今回のモデルチェンジで何が変わりましたか。
ワイズギア
今回のパフォーマンスダンパーはセローとTMAXのモデルチェンジが基になっています。新型セローとTMAX用に開発したパフォーマンスダンパーがショート化に成功したのでSR用に転用しました。それにより旧来のキャブレターSRから新型SR(キャニスター付)まで全年式に対応することができました。
パワービームの完全上位版ですか?
ワイズギア
上位化との認識はありません。車両レイアウト性向上を狙ってのショート化で、パワービームと内部機構に大きな変更はありません。
ダンパー自体に違いはありますか?
ワイズギア
ショート化以外に性能としての違いはほぼありませんが、取付位置の変更に伴いチューニングを見直し最適化しているので制振周波帯が少し変わっているかもしれません。
取付ステーをフレームマウントからエンジンマウントへ変更した事でどんな効果がありますか。
ワイズギア
ダンパー本体の減衰機構にパワービーム、パフォーマンスダンパーで大きな違いは有りませんので制振性能という点では大差はありませんが後部取付位置を変更した為、エンジン振動における低周波帯振動を(ビリビリと車体に伝わる振動)より効果的に減衰できているとの評価結果が得られております。
ユーザーによる使い分け、買い分けはありますか?
ワイズギア
パワービームにつきましては在庫限り販売終了となります。

性能比較要約

今回のモデルチェンジでは大きな違いは2点。取付位置変更により全年式対応。エンジンマウント共締めにより低振動(アイドリング)回転に対して効果的に働くということでした。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました